化学装置 2022年11月号

ホーム > 化学装置 > バックナンバー 2022年 > 化学装置 2022年11月号

■巻頭言■


粉体技術のさらなる活用に向けて
日本粉体技術工業協会 牧野 尚夫・1

【特集】「粉粒体・医療品製造機器・装置 誌上見本市2022」


─記念特集「国際粉体工業展東京2022」開催記念特集─

【総論】


材料開発を支える粉体技術の役割とその応用
大阪大学 内藤 牧男

【特別企画】「国際粉体工業展 東京 2022」
─粉粒体・医薬品製造機器・装置誌上見本市2022─


「国際粉体工業展東京2022」のみどころ
編集部

「国際粉体工業展東京2022」出展者一覧、小間番号、小間割り配置図

【特別企画】「粉粒体・医薬品製造機器・装置誌上見本市2022」

<分類別>

 ①粉粒体プラントのエンジニアリング、粉粒体関連ソフト、②粉砕機器、③分級・篩い分け装置、④乾燥機・スプレードライヤ
、⑤撹拌・混合・分散・混錬気、⑥表面改質・コーティング装置、⑦造粒機、⑧集塵装置、⑨輸送・供給・計量・切り出し装置
、⑩粉体容器・貯槽、⑪充填・袋詰め・開袋・包装、⑫温度・湿度・圧力センサ等各種デバイス・計測・制御装置、⑬粉粒体用
ポンプ・バルブ、⑭粉粒体物性試験装置・異物検査・異物除去装置、⑮医薬品製造機器・装置、⑯その他

【一本記事】


乾燥機の省エネルギーへの取り組み~排熱風の持つ熱量利用の検討~
静岡大学 立元 雄二、中村正秋技術事務所 中村 正秋

【連載】


安全談話室(194)
ガス検知器の値はどの程度まで許容される?
化学工学会SCE・Net安全研究会

「科学技術革新の歴史に学ぶ」(2)
科学技術革新の創造過程(2)
飯田教育総合研究所 飯田 清人

AIの化学工学への応用(2)
深層学習プログラミングの実際
東京理科大学 大江 修造

初心者のための知的財産戦略(6)
敢えて特許出願・権利化しない知的財産戦略(ノウハウ秘匿など)
知的財産シニアアドバイザ 伊藤 光弘

ITEM NAME 化学装置 2022年11月号
ITEM CODE PAP202007-f~PAP202007-m
PRICE 1,980~23,760 円(税込)
ご購読条件を選択下さい。
部数

ADD TO CART - カートに入れる

商品詳細